MENU

ネットで服を売るためのノウハウ

お金がないので何か簡単に稼げる方法はないかと、ネットショップを始める方もいますね。輸入品の服や手作りの服、古着などを売っているネットショップもあります。

 

でも、売れるためには写真の撮り方や説明文の書き方を工夫する必要があります。

 

写真の撮り方

ネットで売る写真の撮り方

服の写真を撮る場合には、平置きにして取る場合や、ハンガーにかけたり、マネキンに着せて取る場合があります。また、モデルさんに来てもらって取ることもありますね。

 

Tシャツなどデザインもシンプルなものは平置きでもOKです。また、シルエットなどをはっきりさせたい服の場合はハンガーにかけたりマネキンに着せたりして写します。

 

モデルさんに来てもらう時には、ターゲットにしている客層にあった年齢のモデルを選びます。顔も含めて撮影する場合は、見る人が憧れるようなモデルでないと購買意欲をそそれません。

 

また、顔全体は写さず、鼻から下の部分から移す場合は、モデルではなく商品そのものをよく見てもらえるというメリットがあります。

 

ただ、お金がないとモデル代まで捻出できないと思いますし、イメージに合うモデルを探すのも大変です。イメージに合わないモデルで撮影してしまうと服も売れませんから、その場合マネキンなどで撮影した方が無難です。

 

また、どの方法で撮影するにしても、背景には注意してください。
背景によっては服が目立たなくなってしまったり、自宅で撮ったというのがまるわかりで、イメージが壊れてしまい、服が売れなくなるので注意してくださいね。

 

説明文の書き方

 

ネットで服を売る場合、手に取ってみたり試着できないので、説明文はできるだけ詳しく書く必要があります。

 

たとえば、品名、メーカー名、サイズ、色、素材、定価などはもちろん、新品でなければ、服の状態(シミがあるとか、何回来たか)なども書く必要があります。
また、発送方法や送料、細支払方法なども明記します。
それから説明文は、できるところでは会話調にしたり、購入者の声をはさんだりして興味を高めることもできます。

 

また、お金がない人たちはなるべく安く購入したいと思っていますから、「期間限定価格」とか「お値打ち」などの表現をいれるのも効果的です。
それから、写真につけるキャプションは、見ればわかるようなことを書くのではなくて、この服を着たらどんな風に生活が変わるかとか、どんな気分になれるかといったことがイメージできるような言葉選んで書きます。

 

ネットショップはお金がない人でも比較的簡単に始められる副業なので、興味のある方はネットショップ開設サービスを利用して試してみてください。